大規模な災害に遭ったときに困らないためには、どんな備えをしておけばよいのか知りたい方もいるでしょう。

この記事では、災害の備えとして必要なものと、非常用電源としてポータブル電源をおすすめする理由を併せて解説します。

災害の備えに必要なもの

食料品

災害の備えとして食料品は欠かせません。

最近では、火を使わなくても温かくなる食料品も数多く販売されています。

飲料水

飲料水も、災害時の備えとして必需品です。

消費期限に注意しながら、普段から大型のペットボトル入り飲料水を備蓄しておくとよいでしょう。

簡易トイレ

災害時の備えとして、あると便利なのが簡易トイレです。

最近では使いやすい製品が数多く販売されています。

冷暖房器具

災害時に命をつなぐと言っても過言ではないものが、冷暖房器具です。

特に夏や冬に冷暖房がないと、体調の悪化に直結します。

非常用電源

災害時の備えとして、あると安心なのが非常用電源です。

非常用電源には、おもにエンジン式の発電機とポータブル電源がありますが、災害時の備えにポータブル電源がおすすめです。

非常用電源にポータブル電源をおすすめする理由

充電方法が多い

ポータブル電源の特徴として、充電方法が多いことが挙げられます。

基本はACコンセントからの充電ですが、車のシガーソケットで充電したり、ソーラーパネルで充電することもできます。

持ち運びがしやすい

ポータブル電源の特徴の1つとして、持ち運びのしやすさも挙げられます。

重量の重いポータブル電源には、持ちやすいハンドルや移動しやすいキャスターが付いている製品があります。

災害時以外でも使える

ポータブル電源は、災害時以外でもさまざまな用途に使用できます。

キャンプなどのアウトドアや、車中泊、電源がない場所でのDIYなどが代表的な用途です。

災害の備えにおすすめのJackeryポータブル電源

災害時のためにポータブル電源を用意したいけど、どの製品がよいのか分からない方もいるでしょう。

ここでは、災害の備えにおすすめのポータブル電源を3種類ご紹介します。

Jackeryポータブル電源2000Plus

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」は、2042Whという大容量と、3000Wという高い定格出力を持つポータブル電源です。

最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しているので、充放電できる回数が従来のリチウムイオン電池よりも飛躍的に向上しています。

4000回ものサイクル回数が可能なので、毎日フル充電しても10年以上使えることになり、災害時の非常用電源として備えておきたいポータブル電源です。

Jackeryポータブル電源1000Plus

「Jackeryポータブル電源 1000 PLus」は、Jackeryポータブル電源の中でもミドルクラスのポータブル電源です。

容量は1264Wh、定格出力は2000Wあり、少人数の家庭で使用する場合には余裕のあるスペックです。

リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しており、サイクル回数も4000回なので、フル充電しても10年以上使えるため、特にコストパフォーマンスの高いモデルです。

Jackeryポータブル電源3000Pro

「Jackeryポータブル電源3000 Pro」は、Jackery最大の3024Whという圧倒的な容量を持つポータブル電源です。

定格出力も3000Wと高いので、消費電力の多い大人数の家庭や、容量の大きなポータブル電源が欲しい場合に適しています。

災害時の非常用電源として、備えておくと安心なポータブル電源です。

まとめ

災害時の備えがあるのとないのとでは、実際に災害が発生したときの安心感が違います。

災害に備えてポータブル電源の購入をお考えの方は、大容量・高出力のJackeryのポータブル電源をぜひご検討下さい。

See also  車中泊でのポータブル電源の使い方は?おすすめのJackery(ジャクリ)製品も紹介

Leave a Reply