ポータブル電源の便利な用途として、車中泊での使用があります。

この記事では、車中泊でのポータブル電源の使い方と注意点を解説するとともに、車中泊におすすめのポータブル電源も紹介します。

車中泊でのポータブル電源の使い方

デジタルツールの充電

車中泊を伴うような長距離のドライブになると、スマートフォンやタブレットなどのデジタルツールの充電が必要になります。

ポータブル電源を車載しておけば、スマートフォンなどの充電はいつでも可能なので便利です。

冷暖房

夏や冬のように気候の厳しい季節での車中泊は、冷暖房が必要になります。

運転中は車の冷暖房を使えますが、就寝するときには、夏はポータブルクーラーを使用したり、冬は電気毛布などを使用するとよいでしょう。

車載冷蔵庫

連泊を伴う長距離ドライブでは、車載冷蔵庫があると便利です。

ポータブル電源を所持していれば車載冷蔵庫を使用できるので、食料品の長時間の保管も可能になり、ドライブが快適になるでしょう。

車中泊をする際の注意点

使用する家電製品の消費電力を把握する

車中泊をする際には、使用する家電製品の消費電力を把握しておく必要があります。

特に家族で同時にさまざまな家電製品を使用する場合には、ポータブル電源の定格出力を超えないようにしましょう。

連泊する場合は容量に注意

連泊になる場合には、日数を考慮に入れたうえで消費電力を計算しておかないと、途中でポータブル電源の容量が尽きてしまう可能性もあります。

車中泊をする日数によって、使用するポータブル電源の容量を決めるとよいでしょう。

車中泊におすすめのJackeryポータブル電源

Jackery Solar Generator 2000 Plus

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」は、従来のリチウムイオン電池よりも長寿命のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載した太陽光発電機です。

高温に強いため、従来のリチウムイオン電池よりも高い負荷をかけて使用できるメリットがあります。

ポータブルソーラーパネルを接続すれば外出先でも充電できるので、もしも容量が尽きてしまった場合でも安心です。

容量2042Wh・定格出力3000Wという飛び抜けて高いスペックにより、車中泊も快適になるでしょう。

Jackery Solar Generator 2000 Plusの製品公式ページ:

Jackery Solar Generator 1000 Plus

「Jackeryポータブル電源 1000 PLus」も、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載した太陽光発電機です。

高温に強く、気温45℃まで耐えられるので、真夏でも安心して使用できます。

毎日フル充電しても10年以上使用できるコストパフォーマンスの高さもメリットです。

容量1264Wh・定格出力2000Wという余裕のあるスペックにより、車中泊で大活躍するでしょう。

Jackery Solar Generator 1000 Plusの製品公式ページ:

Jackery Solar Generator 1500 Pro

「Jackeryポータブル電源 1500 Pro」は、「Jackeryポータブル電源 1500」に高速充電機能と200Wのソーラーパネルが備わった高性能モデルです。

高速充電機能「Ultra-Charging System」により、ACコンセントでの充電で最速2時間、200Wのソーラーパネル6枚を接続すれば同じく2時間でフル充電できます。

容量1512Wh・定格出力1800Wという高スペックにより、消費電力の高い家電製品も問題なく使用できます。

Jackery Solar Generator 1500 Proの製品公式ページ:

まとめ

車中泊をするときにポータブル電源があると、自宅にいるときと変わらない生活ができるので、ドライブがとても楽しくなります。

この機会にぜひ、Jackeryポータブル電源の導入をご検討下さい。

Jackery(ジャクリ)公式サイト:https://www.jackery.jp/

See also  What Is Picuki Instagram Viewer and Editor? And 9 Picuki Alternatives

Leave a Reply